×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハウツー額縁選び

額装のご依頼から完成までの流れ

大森画荘に実際にご来店いただいたお客様の額選びから完成まで実例をご紹介します。
絵を額に入れたいけど、額装は初めてでよくわからないという方のご参考になれば幸いです。
今回は「お教室で描いた日本画を展覧会用に額に入れたい」というご依頼です。
今回は既成額ではなくデザインもサイズも選べる額を制作します。
まずはカタログでどんな額がいいか、簡単にお打合せします

ご来店の際に額に入れたい絵をお持ちいただくとスムーズです。
シンプルにしたい、ゴージャスにしたいなどの
ご要望に合った額のタイプをカタログを参考にチョイスしていきます。
いろいろな額のタイプから、ピッタリくるものをいくつか選びます。

実際のサンプルを絵に合わせてみます

カタログであたりをつけた額のサンプルを実際にあわせていきます。
いくつかの候補から、いちばんピッタリくる額を選んでいきます。

出来上がりをイメージ出来るように絵とサンプルを置いてみます

選んだサンプルが1〜2つに絞れてきたら、
さらに出来上がりをイメージしてどちらがいいか決めていきます。

マットの色・質・幅を決めていきます

額の仕上がりの大きさ、マットの幅や色などを決めていきます。
注文額は大きさを自由に決めることが出来ます。

パソコン画面で出来上がりをシュミレーションすることも

お客様が細かい部分にこだわられる場合、必要に応じて
パソコンでイメージを確認することもあります。

完成

ステキにできあがりました。
額選びのポイントは、絵の中に使われている色と、
額の色を合わせるとしっくりとおさまりやすいです。
今回は、絵の葉のグリーンと相性の良い額を選びました。
緑と金の使われた額は、華やかな雰囲気を 上品に演出しています。
和室にも洋室にも合わせやすい仕上がりになりました。

デザイン、サイズを決定してから完成(納品)までは、数日いただきます。
詳細は直接店舗にお問合せください。